企業の譲渡

友好的売却・譲渡

中小企業の経営者は山積する日々の課題を解決しなければなりません。長期的な視野へ広げると後継者の問題、業界の先行き不安、社員の将来などが入ってきます。

友好的な企業売却や譲渡は3つの価値をもたらします。「会社の存続(=従業員と取引先の継続)」「相乗効果の成長(=グループ化による発展)」「創業者利潤の実現(=自社株譲渡による譲渡益の獲得)」です。

株式会社中小企業M&Aサービス

中小企業はM&Aなんて関係ない? 新聞紙上は大型金融機関の合併や保険会社の業務提携、大手ライバル企業の株式取得などを報じます。一方で中小企業のM&Aは増えています。年商が小さくても社員数が少なくても関係ありません。中小企業のM&Aの背景は大企業と異なります。社員数数名でも事業の譲渡や継承が成立します。

株式会社中小企業M&Aサービスの概要

どこでも事業引継ぎサポートシステム

日本M&A どこでも事業引継ぎサポートシステム

全国どこでも、どんな小さな規模の会社でも。全国最大級のM&A仲介会社「日本M&Aセンター」の、"年商1億円以下の小企業の事業引継ぎのための"日本で初めての画期的なシステムです。