企業の買収・譲受

ノンネームの提案から秘密保持契約まで

買収希望企業の一般的な実務手順です(特殊な事情や事例をのぞく)。おおまかには、「1.ノンネームでの提案」「2.秘密保持契約の締結」「3.提携仲介契約の締結」「4.具体的資料の検討」「トップ面談」「基本合意」「買収監査」「最終合意」と進行します。




「1.ノンネームでの提案」と「2.秘密保持契約の締結」

1.ノンネーム(=1次資料)資料)での提案

ノンネームでの提案では、譲渡希望企業の1次資料を提示いたします。企業名は記載されていません。内容について譲渡希望企業を特定されないよう配慮しています。

ご検討の可能性

1次資料によりご検討の可能性(検討を前に進めるかどうか)をご判断願います。1次資料は貴社の経営幹部がM&Aの可能性を検討する目的にのみに使用し、外部への提供や問い合わせはご遠慮ください。

2.秘密保持契約の締結

1次資料で検討してもよいとご判断いただきましたら弊社と『秘密保持契約』を締結していただきます。締結後、提案書(譲渡企業の企業概要書)を提出いたします。(MAリポート: M&Aの秘密保持)

提案書を検討

譲渡企業の企業概要書は、「会社名・M&Aスキーム・所在地・主要取引先・事業内容・従業員の状況・業績概要」などの項目を記載しています。M&Aのご検討は社内の限られたメンバーでお願いします。「秘密保持契約の存在とその重要性」を十分に周知徹底してください。