提携仲介契約の締結から具体的検討まで

提携仲介契約の締結から具体的検討まで

買収希望企業の一般的な実務手順です(特殊な事情や事例をのぞく)。おおまかには、「1.ノンネームでの提案」「2.秘密保持契約の締結」「3.提携仲介契約の締結」「4.具体的資料の検討」「トップ面談」「基本合意」「買収監査」「最終合意」と進行します。




「3.提携仲介契約の締結」と「4.具体的資料を検討」

3.提携仲介契約の締結

提案書(譲渡企業の企業概要書)を十分にご理解いただき、M&A交渉の開始を決定されましたら、『提携仲介契約』を締結いただきます。この時点で情報提供のお支払いが発生します。

4.具体的資料を検討

『提携仲介契約』をご締結いただき情報提供料のお支払いが完了しましたら、M&Aのご検討に必要な具体的資料を提供いたします。またご質問を承ります。(MAリポート: 最初は細部にこだわらず)

貴社の事業内容開示

貴社がM&Aを検討していただく過程で、貴社の会社案内、財務諸表などを開示いただきます。その資料を用いて譲渡希望企業の経営者に状況を説明いたします。

具体的資料の内容

譲渡希望企業から以下の書類を保持しておりますので、必要に応じて適時提供いたします。

  • 会社案内
  • 申告書、決算書、明細書3期分
  • 試算表
  • 減価償却一覧表
  • 不動産などの登記簿謄本
  • 損益管理資料
  • 販売内訳
  • 組織図
  • 社内規定
  • 役員の略歴
  • 主要な契約関係の概要
  • 許認可証

提携仲介契約と弊社の情報提供料

『提携仲介契約』では、締結に先立って以下の点を説明申し上げます。

  • 報酬体系を報酬表により説明いたします。
  • 契約書は『提携仲介契約(案)』にて説明申し上げてからご検討いただき、その後に正式な契約書を作成して締結いたします。
  • 譲渡希望企業を弊社で見つけた場合、譲渡希望企業と弊社の間でも『提携仲介契約』を締結しています。

譲渡希望企業の情報提供料とM&Aご成約時にお支払いいただく成功報酬については、提携仲介契約書に「報酬表」を添付しております。