企業の友好的売却・譲渡

個別相談から提携仲介契約まで

友好的売却・譲渡希望企業の一般的な実務手順です(特殊な事情や事例をのぞく)。おおまかには、「1.個別相談」「2.提携仲介契約の締結」「3.資料収集」「4.評価・調査・作成」「トップ面談」「基本合意」「買収監査」「最終合意」と進行します。




1.個別相談 と 2.提携仲介契約の締結

1.個別相談

はじめに個別相談を承ります。貴社の事業内容と決算書を拝見して会社概要、業績、業界の大枠を把握いたします。譲渡の理由や条件面、ご希望を詳しく伺います。

相手先企業の可能性を検討

事業の将来性、業績、規模、業界の魅力などから可能性を検討します。M&Aが実現する可能性の判断ではありません。中小・中堅企業のM&Aは縁のものといわれます。優良で魅力的な会社がなかなか成約に至らないかと思えば、意外な会社が早く成約するケースもあります。ここでの検討結果は成約を保証するものではありません。

2.提携仲介契約の締結

提携仲介案に同意いただきましたら提携仲介契約を締結いたします。締結いただく時に、「案件化料・企業評価料」をお支払いいただきます(「報酬表」)。

案件化

貴社の経営内容を正確に把握する作業です。相手先企業への提案の信頼性を向上させる、後の交渉をスムーズに進行させるために重要な初期段階と考えています。貴社のご協力が欠かせませんのでご理解お願いします。

提携仲介契約での手続き

提携仲介契約では以下の手続きが必要です。

  • 提携仲介契約書に記名押印
  • 案件化料、企業評価料のお支払い

相手先企業とのご成約時にお支払いいただく成功報酬は、提携仲介契約書に「報酬表」を添付しております。