企業評価(株価評価)

企業評価の方法は多岐にわたります。一般的には以下の方法があります。

  • 時価純資産価額法
  • 時価純資産+営業権
  • DCF法
  • EBITDA法
  • 類似業種批准法

同じ方法(たとえば時価純資産法)を用いたとしても、算出方法や考え方、評価方法が存在します(土地の評価方法、車の評価方法、引当て項目、減損会計、税効果会計など)。

弊社がM&Aの実務で企業を評価する時に用いる方法は、「JMAC(日本M&Aセンター)方式による企業評価」です。JMACは、日本M&Aセンターが長年の経験とノウハウを集大成して決定した標準的な企業評価方法です。日本M&Aセンターは過去のデータを蓄積して、JMACの客観性と評価方法の精度向上に努めています。

企業評価は客観的指標です。M&Aの実務ではまず企業評価を実施してから、譲渡をご希望されるオーナー社長の意向や業界の特性を評価に加味します。オーナー社長のご意向には

  • 価格にこだわらないからはやく成約したい
  • 個人の負債を清算するため最低手取り額で**千万円欲しい

など様々です。それらを勘案しながら譲渡希望価格をすり合わせます。

記事の“カテゴリー”: MAリポート, ブックマーク: パーマリンク, .現在、コメント、トラックバック/ピンバックともに受け付けていません。