M&Aと言う手法

中小企業の事業承継の手法としては、

  1. 親族内承継
  2. MBO,EBO
  3. M&A

と言う手法が考えられます。しかし、これらの手法が選択肢として考えられないような場合、廃業と言う選択肢をとらざるを得ない事も現実です。

中小企業においても、『M&A』と言う手法に注目が集まってきてはおりますが、残念ながらこの手法も『万能』ではないのです。

だからこそ、社長様がいろんな選択肢を考えられる余裕のある時期から『事業承継』を考えていく必要があります。検討のタイミングの時期に、M&Aが難しい状況であったとしても、経営計画を立て、計画的に企業構造を充実させる事によってM&Aを視野に入れる事が可能になってくるものと思われます。

それだけに、事業承継は早い段階から検討しておくに越した事はないのです。

記事の“カテゴリー”: MAリポート, ブックマーク: パーマリンク, .現在、コメント、トラックバック/ピンバックともに受け付けていません。