トップ面談から最終契約まで

最終契約の締結までの大まかなスケジュール

M&Aの第一の難関は相手探しです。「ご縁」の要素が強くスケジュールがなかなか確定しません。相手先企業が見つかりますと以下のように進行しておおよその予定が立つようになります(一般的なM&Aの案件)。




ここからは相手先企業と調整しながらすすめていきます。このページでは、「トップ面談」「基本合意書の締結」「買収監査」「最終契約の締結 」を説明いたします。トップ会談から最終契約の締結までの実務手順

一般的な譲渡希望企業のM&Aの実務手順

一般的な買収希望企業のM&Aの実務手順

トップ面談

相手先企業が見つかり商談がスタートして半年から1年でご成約となります(一般的な商談成立の場合)。しかし貴社または相手先企業の個別事情、貴社の資料提供能力、監査法人など外部機関の予定などによりスケジュールは個別の案件ごとに異なります。

見学

工場や事務所、その他施設を見学します。

買収価格等の条件交渉

双方の希望価格やその他の条件などを交渉します。

基本合意書の締結

両者間で大枠の条件が固まったら、「基本合意契約」を締結します。「排他的交渉権限」「大まかな条件」「買収監査実施の取り決め」「M&Aの契約予定日」「有効期間」などが記載されます。

買収監査

相手先企業から買収監査の専門家が派遣されてきます。買収監査は相手先企業の自己責任において買収を決定していただくためにかかせません。貴社内の混乱を最小限におさえ、正確な買収監査を実行できるように弊社も協力いたします。

最終条件の交渉

買収監査によって企業評価が変動する可能性があります。買収監査の結果をうけて最終条件(価格やその他の項目)について交渉します。

最終契約の締結

最終条件、細目等が決まりましたら、最終契約書を作成し、契約を締結します。社員や取引先への開示は大きな影響を与えますので慎重かつ計画的に実施します。

クロージング・対価の授受

成功報酬をお支払いいただきます。

弊社の成功報酬について

詳細は報酬表をご覧ください。